トラック運転手に未経験で転職したときに感じた事

【トラック運転手の求人はバイトルNEXT が求人数が多くオススメです!!】

  • 地域で検索が出来る
  • 職種カテゴリ【軽作業・物流】の中でドライバー・運転手を選び検索するとトラック運転手の求人ばかりを見ることが出来ます
  • 月給の金額が高い順番などで検索できる
  • 面接をwebで応募できるので24時間面接の申し込みが出来る
  • 正月 GW 盆休み でもwedで面接の応募が出来る

 

目次

 

 

トラック運転手に未経験で転職して感じた事 

 

私は20歳~32歳まで主にサービス業や営業の仕事に携わってきました。

そんな運転免許証もAT限定の私が、大型の長距離ドライバーで働こうと家族や友人に話をするとみんな大丈夫?と心配されました。

 

 転職前の私の年収は約500万ありましたが、働いている会社が傾きかけていたのもあって完全に潰れたり、お給料をどんどん減らされる前に転職しようと考えました。

30歳を超えてくると転職した場合、やはりお給料が少なくなります。

また一から職場で信頼関係を築き、評価をしてもらわないと、お給料は上がりません。

 ですが、年収が下がるのも嫌です。

 

 

 と言うか、家族を養わないといけないので下げられません。

 

 

 初めから高額のお給料をもらうには資格を取得したりなどの準備期間も必要です。

 

 

 私はなんの準備もしていませんでた…

 

 

 ただただ、毎年年収500万をもらい、これがずっと続いていくと思っていました(笑)

 

 

 世の中そんなに甘くありません。

 

 

 会社が危ないとリアルに感じた瞬間、「早く転職しないと」「お給料はさげられない」「次の仕事に向けて勉強をしたい」 とメチャクチャわがままな考えをした結果、大型の長距離ドラックドライバーなら年収500万行くんじゃないか? 

しかも待ち時間の合間に勉強出来るのではないかと思い、大型のトラックドライバーなると決めて会社を辞めました。(気持ちの中で決まっただけでこの時点では退職する事しか決まっていません)

 

 やめてからハローワークで失業の登録を行い、運送業を探すことにしました。

 

 

 って、前の会社を辞める前に準備をしておけよってツッコミたくなりますが、

 

 

 前の会社を辞めるときは、長年お勤めごくろうさまとみんなに言われて、有給消化の期間も今までできなかった家族旅行をしたり、職場の皆さんと飲み会の毎日でダラダラ過ごしていました。

 

 

まあ、なんとかなるやろと勝手に思っていました。

 

 

そしてハローワークで大型トラックドライバーの求人をみると…

 

必要資格欄に 要 大型運転免許証 要 フォークリフト免許証

と書いてる求人が多かったです。

 

そういえば運転免許証AT限定のままやったなーと思いハローワークで相談してみたら、ハローワーク指定の教習所で取れば、かかった費用を一部負担してくれる制度がありましたので利用することにしました。

 

あとフォークリフトもよくわかっていませんでしたが取りあえず取得することにしました。 

教習を詰め込んで 併せて3週間で大型とフォークリフトを取得し、

とりあえず、年間休日や保険などの福利厚生をちゃんと記載している5社の面接を受けることにしました。

 

結果5社ともその場で合格を言われました。

なんか簡単やなー と思いましたが、

 

面接受けた中でも大手運送会社の面接官が、

今、運送業は若い人材の確保に困っている。

 

運転免許証も中型や大型の免許証を持っている人が少なく自分で取りにいかないと乗ることが出来ない。

 

年配の方の免許証は車の免許証を取得すると、大型まで乗れたり、30代の私の免許証では、8トン未満の中型まで運転することが出来るが、8トン以上は中型でも限定解除しないといけない事などを理由に挙げていました。

 

この大手運送会社では荷物の積み方などの研修を行っており、研修中はお給料が25万程度で大型の免許証を持っていても大型を運転するまで最短で6カ月はかかるとの事でした。 

ちなみに大型のドライバーになると月40万~50万です。

 

研修期間かー  危険とか考えると当たり前やけど、研修中の給料が安すぎる…

その他に休暇の話や勤務形態などの話をすると、全ての面接官が話しにくそうな空気を出していたので、まあ何か言いにくい事があるんやなと思いました。

 

その大手企業の面接官はトラックのドライバーの勤務形態などはサラリーマンとは違って特殊だからもっと色々な運送会社の面接を受けて決めてくださいと言われました。

 

 何かありそうやけど…

 

 もう決めた事やし働くしかないと思い、大手の運送会社ではなく中小企業で比較的緩そう(仕事さえちゃんとこなしてくれたら後は自由にしてくれる)で、研修期間等なく完全歩合制で給料は月35万~45万の6トン平ボディー車の会社にしました。

 

働いて感じた事ですが、

トラックドライバーは荷物を積んで目的地まで運び荷物を降ろすまでが「一運行」になります。 

歩合制であればその運賃に対して会社が決めている3割もしくは4割が、ドライバーの給料になります。

 

地場(近場)であれば積んだ後、トラックを車庫にとめて家に帰る事ができますし、午前中に荷物が積みあがることがあれば、そこから休みです。

 

次の日に決められた降ろし場所に決められた時間に行けばいいのです。

 

但し中距離や長距離になってくると、目的地までの距離が遠くなり、すぐに目的地に向かって走らないとたどり着きません。(運賃も高額になりますが)

 

高速なども、会社の指示が無ければ自腹です。

 

なので家に帰る事が中々出来ません。

 

運賃が高い仕事であれば自分で貰う金額を計算し、渋滞する場所など一部、自腹で高速に乗ることによって目的地に早く着き、待機時間や睡眠時間が生まれます。

 

なので基本的に労働時間などあってないようなものです。

 

荷物は基本的に会社~会社なので土曜、日曜が休みの場合が多いですが、金曜日に長距離の荷物を積んでお給料をたくさん貰うためにすべて下道で走るというのであれば、休みを返上して自分で勝手に走ります。

 

 

トラックドライバーの良い点は

 

積地から降ろし地まで荷物に何事もなく時間通りに届ければ何の問題もありません。

 

なので、一般のサラリーマンとは違い自由です。 

 

  • 精神的ストレスは一切ありません。
  • 休みも荷物を積む前であれば、休むことが出来ます。 
  • ほかの人行ってもらえば良いだけなので… 
  • 但し歩合なので、休めばもちろん運賃は無しです。
  • お給料は1年以上勤めていますが、額面で45万~40万位です。

 

イヤホン等使えば運転中に誰と電話しててもOKですし、ワンセグの電波など入ればテレビも見放題です(ワンセグやナビは自分で準備します。)

 

パソコンやDVDデッキなども持ち込むと快適に運転できます(私の場合です。危険なので法に触れない範囲で自己判断でお願いします)

待機時間や休憩時間で自分の時間が出来ます。

長距離などに行く楽しみは、【食事】が楽しみです。

私の在籍している会社は南は鹿児島~北は青森まで行くので、色々なおいしいご飯を食べる事が出来ます。

 

秋田県などは魚がとてもおいしかったし、私はラーメンが大好きなので全国のラーメンを食べ歩き出来ます 玉ねぎラーメンや家系・次郎系・九州や和歌山など本場で食べる事が出来ます(#^^#)

f:id:sounosuke040401:20170305203520j:plain

 

長距離を走ると、泊りなどもあり、1日中待機の日もあります。

サラリーマン時代は控えていたスロットやパチンコも全国ですることが出来ます。

関西は換金が悪いですが、換金がかなりいい県もあるので、結構遊ぶことが出来ます

f:id:sounosuke040401:20170305210440j:plain

地元では中々勝てなかったスロットやパチンコも他府県では結構勝つことが出来ました(笑)

勝った日は高速で楽ちん運行でおいしいご飯を食べたりと楽勝です♪

 

 

トラックドライバーの悪い点

 

  • サラリーマンの様に休憩時間などが決まっていません。
  • 積地から降ろし地まで余裕をもってたどり着けば残った時間すべて休憩ですが、渋滞や荷物が出来るのが遅くなった場合などは食事や休憩が一切取れません。
  • 睡眠時間も無くなります。
  • 長距離など走っていると十分に睡眠を取る事が出来ないので睡眠不足になります。
  • 無理にでも睡眠時間を作るには高速に自腹で乗るしかありません。
  • 事故など起きた場合、自分にふりかかるリスクが大きい!
  • お風呂などに入れない事もしばしばある。

トラック専用のガソリンスタンド等にシャワーがあります。

高速のSAにもシャワーがある場合があります。 

一般のお風呂屋さんにはトラックが大きくて入ることが出来ない場合が多いです。

入れない場合はペーパータオル等で拭くしかなど我慢が必要です。

歯磨きも高速のPAやSAなら抵抗がありませんが、コンビニ等ではしずらい場合があります。

 

 

 

まとめ

未経験でも運転資格を持っているなら、運転は乗っているうちになれます!!

 

荷物の積み方や、降ろし方は昔と違い安全面がうるさくなっているので、自分は未経験でわらかないから教えて!や勉強させて下さい!と言うと、大体の会社は教えてくれます。

 

馴れるまでは時間がかかっても焦らずに

安全には十分注意を払うようにしましょう。

 

人間関係は基本的にありませんが、荷物の積地の会社や降ろ地の会社や他のトラックドライバーと話をするのであれば、自分の伝えたい事をはっきりと相手に伝えましょう。

 

サラリーマン人生で培った、まわりくどい言いまわしは、相手にストレスを与えます。

 

無理だったら無理!!大丈夫なら大丈夫!!わからないのであればわからない!!とはっきりと伝える事で、事故も減ります。

 

降ろし先や積み地の入り口が狭い場合等は、特にハッキリとしないと、無理した場合、ぶつかってしまいます。(笑)

 

 

工場や現場やドライバーは基本的には優しい人が多いと私は感じました。

 

話す時も、はっきりと話すことで、サラリーマン時代のようなストレスはありません。

 

但し、筋の通っていない話は大嫌いなので注意しましょう。怒らせるとすごく怖い場合があります(笑)

 

今までトラック運転手の仕事が全くの未経験で私と同じように転職でトラック運転手をしてみようと思う方は、とりあえず大型の免許など取る前でも面接に行くことをオススメします。

 

運送会社の中でも、自由のある運送会社と規律が厳しい運送会社があります

自由のある運送会社の特徴

  • 仕事をきちんとこなしてくれればいいっと言う会社(事故無く、時間通りに荷物を届ける)
  • 楽な時は楽ですが、仕事が多い時は、沢山荷物を積ませる等の多少の無茶を運転手に言う
  • 事故を起こした時は、運転手の負担が大きい会社が保険を使った上で、運転手の負担が3~5万等

 

規律が厳しい運送会社の特徴

  • デジタコ(アイドリング時間、スピード違反していないか)の数字にかなりうるさい
  • 運転手の時間管理がうるさい
  • 毎日会社に帰らそうとする
  • 得意先に対してのマナ-にうるさい

 

自由のある運送会社の良いところ

  • 毎回会社に帰らなくてもいいので、仕事さえしていれば、空き時間を作ってトラックで遊びに行ける
  •  
  • 荷物の引き取り先の会社が理不尽な事を言ってきた場合、怒っても筋が通っていればかばってくれる

 

規律の厳しい運送会社の良いところ

  • 労働時間を守ってくれるので、無茶な運行が無い
  • 会社負担で高速代金をだしてくれることが多い
  • 会社の潰れる心配が少ない

 

自由のある運送会社の悪いところ

  • いつ、会社がつぶれるかわからない(心配)
  • 仕事が多い時は、運転手の都合を考えずに無茶を言う
  • 高速代金が自腹になる事が多い

 

規律の厳しい運送会社の悪いところ

  • 色々と細かい!!(報連相)
  • 自由がない
  • サラリーマンと変わらない場合がある

 

私の場合は、運転手をするなら、忙しい時は大変ですが、自由のある運送会社の方が、気楽で良いです。

但し、自由のある運送会社は、歩合がほとんどなので、忙しい時と、暇な時でお給料がかなら上下するので、お金の管理が大変です

 

どちらのパターンの運送会社かは、面接に行って取りあえず、運送会社の方と色々と話をすると、その運送会社がどんな感じなのかや、会社の雰囲気もわかると思います

私は、転職する時にはハローワークで求人を見て転職しましたが、転職後も運送会社の求人を見て面接に10社以上行きました。

 

何故、ハローワークの求人で転職し、その後も他の運送会社に面接に行ったにかというと…

 

①転職前の会社で、1年以上長く勤めているとハローワークの求人で転職すると、再就職手当が貰えるからです(手当の支給には色々と条件があります)

 

②サラリーマンとトラック運転手は全然違う業種なので、本当に自分に今の会社が合っているのか中々短い期間では判断できないので色々な運送会社に面接に行って勤務形態やお給料などの話を聞いて、今の会社で良いかを再確認する

 

③サラリーマンや一般企業は長く務めた方が色々なメリットがありますが、トラック運転手は長く務める事でのメリットは少ないので、自分とって良い条件の会社があればすぐにでも転職した方がいいです。

 

この3点がハローワークで転職したのに面接に行き続ける理由です

 

今現在、大型や中型の免許証をもっていない方で、今後トラックドライバーに興味のある方は、とりあえず面接に行って運送会社の雰囲気を直接感じてみると良いと思います。

良いなっと思ったらそこから免許証を取りに行っても遅くないですし、人手不足の運送会社であれば、事情を説明すれば免許証を取得するまで待ってくれる運送会社も多くあると思いますし、場合によっては運送会社負担で大型の免許証を取得させてくれる運送会社もあります。

 

 

 

 

 

大阪の運送会社でトラック運転未経験でも採用してくれる会社を探し、取材に行ってきたので、大阪在住の方は是非見てください(#^^#)

 

このブログの別記事です

 

 ハローワークで再就職手当を貰う条件に当てはまらない方やハローワークは手続きが面倒で考えていない又は、今すぐに面接に行って新しい会社で働きたい方は下記のサイトがオススメです♪ 

 

バイトルNEXT でwebの面接申し込みであれば気軽に面接の申し込みが出来るので皆さん色々な運送会社に面接に行ってください。

 

webでの面接の応募であれば、採用担当者の方も仕事をしているので手間をかけることなく、採用担当者の都合の良い時間に連絡を貰う事が出来ます

 

私も色々な運送会社に面接に行きましたが、ほとんどの会社が面接と同時に即採用と言われましたが、他にも面接に行っているので考えますっと言うと、面接官は何時でもいいから働く気になったら連絡下さいと言ってくれました!!

 

一般の企業やサラリーマンの考えだと面接に行って、面接先の会社から採用を言われるとある程度の期間内に働くか働かないか決めないといけませんでしたし、時間が経ってからやっぱり働きますなんて言えませんでしたが、トラック運転手の場合は大丈夫な場合が多いです。

 

それだけトラックドライバーは人材不足なんでしょう

 

ですが、運送会社がこの世から無くなる事はありませんし、トラックを運転できる免許証を持っている人も年々少なくなっている事は事実なので、一度トラック運転手として働くと、今後仕事で困ることも少なくなるはずです。

 

40代50代になってサラリーマンで会社を退職せざるえない状況になった時でも、トラックドライバーの経験があれば、すぐに転職することが出来、収入も年収400~500近く稼ぐことができるので、一度はトラック運転手に転職をオススメします。

人生の大きな保険になるはずです!!

 

 

トラック運転手の求人を探すために、色々な求人情報誌を見ましたが、一番トラック運転手の求人情報があったのがバイトルNEXT です。

バイトルNEXT は自分の住んている地域はもちろん職種カテゴリ【軽作業・物流】の中からドライバー・運転手で検索するとトラック運転手の求人ばかりが沢山あります。

検索方法も月収順などが出来るので見やすく、面接の申し込みもwebで出来るので、24時間いつでも自分の都合の良い時間に面接の申し込みが出来ます。

 

 

トラック運転手から転職でタクシー運転手が人気

 

元同僚のトラック運転手でタクシーに転職 した人も沢山います

家に毎日帰る事が出来るし、トラックを運転していたのでタクシー運転手は結構いいと言っていました

 

トラック運転手と比べてタクシー運転手の良いところ

  • 毎日家に帰る事が出来る
  • トラックに比べると運転が楽
  • お給料の手取りはトラックの方が良いが、トラックは家に帰れない日があるので外食など多く生活費がかかるが、タクシーは仕事中の生活費がかからないので最終的にはタクシーの給料の方が良い
  • 体力的にも楽

 

トラック運転手と比べてタクシー運転手の悪いところ

  • 物ではなく人を乗せるので気を使う

 

タクシー運転手って沢山いるけど儲かるの??

タクシー運転手をしてみようと思うけど二種免許証を持っていないし、二種免許を取得する自信もお金も余裕が無い…っと言うあなたにおススメのタクシー会社の転職サイトがあります

 

21歳以上で普通免許証取得後3年以上経過している方であれば申込できます

 

 

 

タクQの魅力

 

  • 大手や優良企業のタクシー会社のみを無料で紹介してくれる
  • 業界初めての方でわからない事や不安な事のサポートをしてくれる
  • タクQの紹介で入社が決まると最大45万円の祝い金が貰える
  • 地方に住んでいる方の面接時の交通費や宿泊費を支給してくれる
  • 全国で多くの会社を紹介してくれる(関東 東海 関西 九州)
  • 寮や社宅完備
  • 東京のタクシー会社なら年収500万~600万以上も…
  • 年金受給中の方でもOK

タクシーの運転手になるには二種免許証が必要になりますが、取得支援制度もあり、上記に書いている様にタクQはかなりの好条件なのでタクシー運転手に興味のある方にはかなりオススメです。

 

普通二種免許証を取得すると、タクシーの他にも運転代行の仕事も二種免許が必要になるので、仕事の幅が広がります。無料で資格取得出来るメリットもあります

下のバナーからタクQのサイトを見てください♪

上は男性用で下は女性用です。

 

 

 

 

 

 

トラック運転手から転職で工場の仕事が人気

 

私もトラックの運転手を2年以上働いていますが、経験が長くなるにつれ、今まで事故を起こしていないが、年をとると体力面の低下や判断力の低下が気になります(;´・ω・)

 

トラックの荷物を引き取りに工場に行くと、工場の従業員で元トラックの運転手が結構います(笑)

何故トラック運転手を辞めたんですか?っと聞くと、

 

  • 体力的にしんどくなった
  • 事故が怖くなった
  • 家に帰っていなかったら嫁が浮気していた
  • 息子がグレた

 

等色々な意見がありました

 

では何故トラック運転手からの転職で工場が人気なのか

 

工場での仕事の良い所

 

  • トラックで工場に行っていたので積み込みなど、仕事がわかる
  • フォークリフトでの仕事はトラックでも使用していたので得意
  • 毎日家に帰る事が出来る
  • 体力的にも長く働くことが出来る
  • トラック運転手から工場に転職して満足している人が多い

 

それに「工場なら家に毎日帰れる」っとの意見も多かったです(笑)

うちは外で遊ぶのが楽しいですが、年齢を重ねると毎日家に帰りたくなるんですね(笑)

 

工場での仕事の悪いところ

 

  • トラックの仕事より人間関係が増える事

 

 

でも家庭やお子さんがいる方は毎日家に帰る方が子供の為にもいいかもしれません…

なので私も工場の仕事も検討しています☆

工場の仕事探しは下記の工場専用転職サイトがオススメです

 

工場WORKSは業界で№1サイトで全国各地の工場のお仕事、仕分け、梱包、ピッキング等の軽作業からフォークリフトやクレーンを操作する仕事や、女性でも働きやすい工場での事務の仕事など、正社員や派遣など多くのお仕事から選ぶことが出来ます。

現在23000件以上の求人を取り扱っていて、さらに毎日更新されていっています。

 

トラックの仕事をされている方であれば、フォークリフトやクレーンの仕事は特にオススメです。

トラックの仕事をしている方であれば毎日荷物を積んだり降ろしたりする会社で、どういった仕事内容かはよくわかっていますもんね(笑)

 

実際に工場で荷物の引き取りや卸し先の会社で荷物を積んだり降ろしたりしてくれる方は、元トラック運転手の方が多いですし、トラック運転手はフォークリフトやクレーンを自分で使う事も多いので、職種が変わっても一から仕事内容を覚える必要もありませんし、転職としてはかなり精神的ストレスが無く転職できるはずです。

 

お給料は一時的に少し少なくなると思いますが、工場は固定給で毎年昇給がある会社が多いので、先の事や毎日家に帰れることを考えると「良いな」っと思う方は一度面接に行くことをオススメします。

 

 

 

 

 

 

 

私の様に未経験から運送業界で働いてみようと思っている方の為に私の経験ですが、運送業界などの運転手の職種の内容をまとめたサイトを作ったので参考にして下さい

(まだ作成途中なので、今後どんどん更新していきます!(^^)!)

xn--gmqv09bxih869atqb.com

 

 

大手運送会社から中小企業の運送会社まで幅広くトラック運転手の求人があるのでオススメです。

 

運送会社は大手と中小では、全然待遇や勤務形態が違うので、必ずそれぞれ面接に行く事をオススメします。

 

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラッシングベルト(エンドレス1.5t) 幅 25mm 長さ 4.5m【荷役2012】
価格:960円(税込、送料別) (2016/11/22時点)