読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トラック運転手腰痛改善方法②

長時間の運転でのケア

 

私の会社は大阪にありますが、例えば大阪→大分市で、積み上がり時間17時 降ろし時間翌日朝8時の場合 阪神高速 第二神明を利用し(自腹)(T_T) 4時間以内に30分の休憩を入れないといけないので、20時30分倉敷 休憩 00時30分岩国市 休憩 4時30分下関市 休憩 大分市 8:00 着(交通状況などにより時間は変わります。)と、睡眠時間は何処にあるんだ!! と恐ろしい運行が出来上がるわけですが…

 

みなさん、眠たくなったら深夜0時~朝4時までの間に高速に乗り、SAかPAで寝ましょう!!上記の時間に高速に乗れば3割引が適用されます。(一部割引が適用されない高速もあります。阪神高速や首都高等 詳しくは高速のHP等で確認してください。)

私は過去に何度もダウン(寝てしまい)し、結果割引の適用されない時間に高速に乗り損をしたことが何度もあります(T_T)

そもそも眠たいのに無理に運転するのは事故の元です。 安全運転をしましょう。

 

このような運行をしていると、腰が痛くなります。

しかも私のトラックにはエアサスがありません。

 

色々なクッションを試したり、リクライニングの角度などを試しました。

初めは低反発クッションを購入したが、長時間座っていると、沈む感じがして余計に腰に負担がかかりました。 そこで高反発クッションに変更したら長時間の運転でも腰の負担が減りました、リクライニングは少し倒し気味にし、腰のあたりににもクッションを挟むとより負担が減った様に感じました。

ぜひ皆さんの参考になればと思います(>_<)

休憩時間はなるべく外に出てストレッチなどしてくださいね。眠気の防止にもなりますし(笑)